弁護士費用の特徴

企業を訪問する

意外とかかる弁護士費用

免許を持っている方なら、まったく遭遇しない人なんていないという交通事故ですが、万が一、交通事故を起こしてしまった際にかかる弁護士費用というのも実は馬鹿になりません。 一般的に弁護士の相談料は30分5000円。私たちからみて良心的といえるような価格設定のところでも3500円は取るでしょう。 交通事故の程度にもよりますが、相談料だけでも数時間、弁護士に出向いてもらえば出張料がかかる場合もあります。 相手方と訴訟になれば着手金だけで15〜30万円くらいは一般的にかかり、その上成功報酬がかかります。 その他、あなた自身が訴訟のために会社を休むことになるなど、交通事故を起こした場合には過失割合にもよりますが、弁護士費用や欠勤する分の損害など合わせて数十万円から百万円くらいはかかるとみたほうが良いでしょう。

備えあれば憂いなしの保険

先に述べたように、事故を起こした場合には多くの費用が必要となることが見込まれます。 そのため、自動車では自賠責など、賠償能力の保証が求められているわけですが、自転車はどうでしょうか。 交通事故を起こした場合、高額な賠償命令が下された判決が数多く存在し、小学生が被告となった事例すらあります。 特に子どもは警戒心が薄く、スピードを出すため、歩行者と衝突したような場合には後遺症を与えてしまうことがあり賠償額が高額になる傾向にあります。 最近では自転車保険がありますので、万が一の場合に備えて加入しておくことをおすすめしますし、このような保険には事故を起こした際には弁護士を紹介してくれるサービスが付随していることがありますので、万が一のときでも安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加