活用方法

ホワイトボードに書く

変化しつつある弁護士の活用方法

一昔前まではよほどの事情が無い限り、弁護士に法律相談を行うという事は無いというのが一般的でした。その背景としては、弁護士の数が現在ほど多くなかったために依頼報酬が高く、法律相談をするには多額の費用が必要であったという事が挙げられます。また第二の理由としては、弁護士に相談すると周囲から何か大きな問題を抱えていると思われる傾向があったため、周囲の目を気にして利用に踏み切れずにいた人が多かったという点が挙げられます。しかし、こうした傾向が徐々に薄れつつあり、今はこれまででは考えられないぐらい気軽に弁護士を活用する人が増えています。司法試験の合格者数の増加を受け弁護士の数が増え、相談費用が大幅に低下したという点がその最大の理由とされています。

より身近な存在となっていく事が予想される法律相談サービス

弁護士による法律相談サービスの低価格化や、訴訟を行った際に弁護士費用の補填を行う保険商品の普及を受け、法律相談サービスを利用する人の数は近年右肩上がりに増加しており、今後もこの傾向は続くと予想されています。弁護士の数が増えすぎた事を受けて、国は司法試験の合格者数の数を再度引下げていますが、それでも供給過剰の解消には時間がかかると予想されています。供給過剰な環境下、弁護士間の顧客獲得競争の激化による報酬の低価格化は今後も継続すると予測され、法律相談サービスを利用する人の数は増えると見込まれます。近年ではちょっとした問題でもすぐに訴訟を提起する人が増えている事も、こうした傾向を後押しすると考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加