債務の整理

データを保存

免責事由の確認を行う

債務整理は、借金を返済できなくなった債務者が免責してもらうことによって借金の負担を軽くする法律のことを言います。 注意しなくてはいけないのは、債務整理をするときには必ず免責事由が必要になることです。 その借金を返済できなくなることに関してやむを得ない事情があることが必要になります。 実は、債務整理の免責事由に関してはかなり広い範囲で認められます。 基本的に、本人の非で借金を作ってしまったような場合であっても債務整理を利用することができるのです。 例えば、会社を起業して事業に失敗した責任は本人にありますが、このような場合でも債務整理は利用できます。 広範に認められる手段だからこそ、安易な判断で諦めないように注意をしなくてはいけません。

制限は期間限定で行われる

債務整理を利用すると、クレジットカードを利用することができなくなるなど一定の制限があります。 しかし、このような制限は一定期間限定の処置だということを知っておかなくてはいけません。 債務整理を行うと、信用情報という情報にその旨が記載されます。 なぜクレジットカードが作れなくなるかというと、この信用情報に記載がされるからなのです。 金融機関は、審査をする際に必ずこの信用情報を確認して消費者の信用性を確認します。 そのため、信用情報に消費者にとって不利な情報が書かれている場合にはカードが作れないのです。 しかし、この記載は一定期間できちんと削除されるようになっており、何の心配も必要ありません。 期間が経過すれば債務整理を利用したとしてもまたカードを作ることが出来るため実質的な制限は存在しないのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加