節約

株をチェック

どのようにすれば相続税を節約することができるのか

自分が一生懸命働いて作った財産を、なるべくならそっくりそのまま子や孫に残してやりたいと考えるのが普通です。相続人の数に応じた課税控除を受けることはできますが、先日行われた相続税法の大改正によって、この控除額がグッと減額されました。何も対策を講じないでおくと、かなりの金額を相続税として国に徴収されてしまうことになりますので、慌てて相続税対策に取り組み始める人が増えてきました。昔からよく行われてきた節税方法に、生前贈与の活用があります。毎年一定額までであれば、無税で贈与することが可能です。実際に長期的な計画を立てて、生前贈与を行っている人がかなりいます。また、今回の相続税法の改正に合わせて、孫に対する教育費の贈与が無税になる制度が設けられました。そのような制度をフルに活用して、相続税の節税に励む人が多くなってきています。

税理士の遺産相続サービスを利用する人が多くなってきました

税金として国に持っていかれてしまうお金をなるべく減らそうと、生前贈与の仕組みを駆使して財産の分散化を図っている人がたくさんいますが、それだけでは不十分です。特に、不動産をたくさん所有している人の場合は、税理士などの専門家に相談して、もっと違う方向の節税対策を講じるようにした方がよいです。また、現実的なことを考えると、多額の財産を所有しているのであれば、相続税を全く支払わずに済ませるのは不可能です。ですので、納税資金の手当についても考えておくようにするのがベストです。税金の専門知識を持っていない素人がそのようなことを全部自分で考えるというのは無理がありますので、税理士に相談してみるのが得策です。相続税の増税に関するニュースが盛んに流されていましたので、税理士の遺産相続サービスを利用する人が多くなりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加